1月3日今日は何の日&今日の出来事/初詣はいつまで?

1月
今日は何の日1月

1月3日といえば何の日を思い浮かべますか?

私の場合は「初詣はつもうで」を思い浮かべます。というのも、初詣って基本的に正月三が日に行うものなんですが、混んでるのが嫌で三が日を避ける傾向にあります^^;

三が日が終わるまでに初詣に行かなきゃって思っているんですが、松の内までなら大丈夫ということを聞いたので7日までに初詣を済ませるようにしています。

さてここでは、「1月3日といえば何の日か?」に関する事や、その年の1月3日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

1月3日は何の日?

←1月2日 前の日次の日 1月4日→

初詣

正月三が日(1月1日~3日)、その年に初めて参詣さんけいし、1年間の厄払いと無病息災をお願いします。

なお、初詣は地域の氏神様からお参りするのが一般的です。

※参詣…神社や寺にお参りすること

初詣は正月三が日に参詣するのが一般的ですが、現在では松の内までに行けば問題ないとされています。

松の内について

松の内とは、松飾り(門松)を立てておく期間のことで、一般的には1月2日から1月7日までとなっています。

本来は1月15日までが松の内でしたが、江戸時代に1月7日までとするようになりました。ただし、京都や大阪など関西地方では、1月15日を松の内としています。これは、かつて松の内が1月15日までとされていた風習が根強く残っているからです。

 

ライスボウル

アメリカンフットボールの学生チャンピオンチームと社会人チャンピオンチームが日本一を争う試合。

1948年、東と西の大学オールスター対抗戦としてはじまり、1984年開催から学生代表と社会人代表で試合が行われるようになりました。

なお、ライスボウルに出場するチームを決める大会について補足しますと、学生代表は「甲子園ボウル」、社会人代表は「ジャパンエックスボウル」での優勝チームです。

両大会ともに毎年12月に行われています。

 

箱根駅伝(復路)

箱根駅伝は東京・大手町からスタートして、箱根・芦ノ湖で折り返しとなります。1月3日の復路は、1月2日(往路)と同じコースを走り大手町を目指します。

復路では優勝争いはもちろんのこと、次の年の箱根出場をかけたシード権争い、タスキが繋がるか繋がらないか…など見どころが満載です。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の1月3日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年1月3日(日)の主な出来事

箱根駅伝・復路スタート

第97回箱根駅伝の復路が開催され、駒澤大学が10区で3分19秒差をひっくり返す歴史的大逆転で13年ぶり7回目の優勝を飾る。

準優勝は創価大学、3位は東洋大学で、前回優勝の青山学院大学は4位だった。

箱根駅伝の沿道観戦者

箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟は、1月2日・3日の沿道観戦者の総数が約18万人だったと発表。前回大会約121万人から、約85%減少した。なお、日本テレビやCMで沿道での観戦自粛を求めたが、一部で観戦者が密となっていた。

 

←1月2日 前の日次の日 1月4日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました