1月21日今日は何の日&今日の出来事/ライバルが手を結ぶ日って何?

1月
今日は何の日1月

1月21日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「ライバルが手を結ぶ日」とかいう日がありました。聞きなれない記念日ですが、内容は知る人ぞ知るというものでした。

さてここでは、ライバルが手を結ぶ日を含む「1月21日といえば何の日か?」に関する事や、その年の1月21日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

1月21日は何の日?

←1月20日 前の日次の日 1月22日→

初大師

初大師はつだいしとは、その年最初の弘法大師こうぼうだいし・空海の縁日で、初弘法とも呼ばれます。真言宗の寺院では、願掛けや厄除けの祈祷などが行われます。

(補足)
空海は平安時代初期のお坊さんで、真言宗の開祖です。空海が亡くなったのは835年3月21日で、ここから毎月21日は「大師の縁日」として参拝されるようになりました。

 

スイートピーの日

※画像の出典は写真AC、画像内の文字等は同サイトが記載

日本スイートピーの会が制定。

スイートピーはこの時期が旬であり、香りや花を多くの人に楽しんでもらうのが目的です。

また、スイートピーは3種類の花弁(旗弁1枚、翼弁2枚、舟弁1枚)からなるので、1月21日が記念日となりました。

(補足)
ちなみに、松田聖子さんの大ヒット曲「赤いスイートピー」がリリースされた日は1982年1月21日。この曲のヒットにより日本国内のスイートピーの認知度が上がったそうです。

 

ライバルが手を結ぶ日

「ライバルが手を結ぶ日」は、江戸時代末期の慶応2年(1866年)1月21日、京都市で薩摩藩と長州藩との薩長同盟が締結された日を記念して制定されました。

同盟以前、薩摩藩と長州藩は犬猿の仲でした。しかし、土佐藩の坂本龍馬らの尽力で同盟に至り、2年後の明治維新へとつながるのでした。

 

ユニベアシティの日

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社が制定。

ユニベアシティは、ミッキーマウスたちが通う学校の課題でクマのぬいぐるみを作ったという話から生まれたキャラクター。

日本発のオリジナルキャラクターで、2011年1月21日にディズニーストアでグッズが発売されました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の1月21日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年1月21日(木)の主な出来事

バイデン大統領が正式就任

アメリカのバイデン新大統領が、第46代大統領に正式就任した(アメリカ時間20日)。78歳での大統領就任は史上最高齢。また、副大統領には女性初の副大統領としてカマラ・ハリス氏が就任した。

河井案里議員に有罪判決

2019年参院選の買収事件の裁判で、東京地裁は参議院議員の河井案里被告に懲役1年4カ月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。

116年ぶり勝ち越し

大相撲初場所で、現役最年長の華吹(はなかぜ)が勝ち越しを決めた。華吹の年齢は50歳で、50歳以上の力士が勝ち越したのは、1905年(明治38年)以来116年ぶりの出来事なった。

 

←1月20日 前の日次の日 1月22日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました