1月23日今日は何の日&今日の出来事/1日23粒でアーモンドの日!

1月
今日は何の日1月

1月23日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「アーモンドの日」なるものがありました。そのアーモンド、1日23粒食べると美容や健康にいいそうです。

小腹が空いたとき、そういうメリットもあるので積極的に食べたいですね。

さてここでは、アーモンドの日を含む「1月23日といえば何の日か?」に関する事や、その年の1月23日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

1月23日は何の日?

←1月22日 前の日次の日 1月24日→

アーモンドの日

カリフォルニア・アーモンド協会が制定。

アーモンド23粒(約30g)には、1日に必要なビタミンEがまかなえることから美容や健康のため食べてもらうのが目的。

1月23日の日付は「1日23粒」から。

 

算額文化を広める日

公益財団法人日本数学検定協会が制定。

江戸時代の日本で、数学愛好家たちが額や絵馬に数学の問題や解法を書いて、神社仏閣に奉納したものを『算額』といいます。

算額を通して、考える喜びや問題を解く楽しさを体験し、数学の学びを深めるのが目的。

1月23日は最初に接する数学文化の1つが「1・2・3」の並びから。

(補足)
日本数学検定協会は、2015年から毎年、東大寺で算額を奉納しています。

2020年は、
「大仏さまは何人の参拝者を見てきたか」
「東大寺の南大門の重さは」

の2問を奉納し、同協会の公式HPには優秀解答が掲載されています。時間のある方は一度覗いてみてはいかがでしょうか。

算額1・2・3公式ホームページ

 

アガる日

株式会社ファンケル化粧品が制定。

1月23日は「1・2・3」と数字が上がっていくのになぞらえて、女性のお肌も気分も「アガる日」になってもらうのが目的。

 

その他

一無、二少、三多
一般社団法人日本生活習慣病予防協会が制定。「一無いちむ」は禁煙、「二少にしょう」は小食と小酒、「三多さんた」は体をたくさん動かす(多動)、しっかり休む(多休)、たくさんの人、事、物に接する生活(多接)ことをいいます。日付の1月23日は「一無、二少、三多」の一二三から。

 

電子メールの日
電子メッセージング協議会(現・Eジャパン協議会)が制定し、「1(いい)23(ふみ/E文)」の語呂合わせから。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の1月23日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年1月23日(土)の主な出来事

アメリカの有名司会者亡くなる

アメリカの人気司会者のラリー・キングさんが死去した。87歳だった。ラリー・キングさんは、名物トーク番組「ラリー・キング・ライブ」の司会者を25年続け、多くの著名人が亜番組にゲスト出演した。

賠償判決が確定

韓国の裁判所は日本政府に対する元慰安婦への賠償判決を確定した。日本政府は主権国家は外国の裁判で被告にならないとする「主権免除」の原則から控訴しなかったため、控訴期限を迎え判決が確定した。

元ソフトバンクエースが白血病

プロ野球・元ソフトバンクの摂津正さんが、白血病と診断されたことを自身のインスタグラムで公表した。

摂津さんは「同じような病気の方の力になれば」「骨髄の提供者が増えることを願って」と公表理由を明かした。

 

←1月22日 前の日次の日 1月24日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました