1月24日今日は何の日&今日の出来事/法律扶助の日は無料相談ができるよ

1月
今日は何の日1月

1月24日といえば何の日を思い浮かべますか?

お正月が終わって、すっかり仕事モードになっていることでしょうが、そろそろ3連休が恋しくなる時期です。2月の祝日が待ち遠しいですね。

さてここでは、「1月24日といえば何の日か?」に関する事や、その年の1月24日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

1月24日は何の日?

←1月23日 前の日次の日 1月25日→

初地蔵

毎月24日は地蔵菩薩の縁日で、その年最初の1月24日は「初地蔵」と呼ばれます。

地蔵菩薩は子どもの苦難を救う仏様で、全国各地の地蔵尊を祀るお寺で縁日が行われます。

なお、お盆に近い7月24日には地蔵盆があります。

 

法律扶助の日

日本弁護士連合会は、1952年1月24日に財団法人法律扶助協会を設立し、その日を「法律扶助の日」に制定しました。

なお、「法律扶助」とは、経済的理由によりお金に余裕がない人のために費用を立て替える制度です。

法律扶助の日では、指定された弁護士事務所で無料の法律相談が行われます。

 

金の日/ゴールドラッシュデー

1848年1月24日、米カリフォルニア州で金の粒が発見されました。この金発見のニュースは、アメリカ全土や海外に広まり、多くの人々が金を求めてカリフォルニアに集まったことで「ゴールドラッシュ」が始まりました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の1月24日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年1月24日(日)の主な出来事

尖閣諸島の安保適用確認

アメリカ・バイデン新政権の発足後、岸信夫防衛省はロイド・オースティン国防長官と初の電話会談を行い、尖閣諸島において日米安全保障条約の適用対象であることを確認した。

大栄翔が初優勝

大相撲初場所は、平幕の大栄翔が13勝を上げ初優勝を飾った。埼玉県出身力士としては初めての優勝。なお、初場所は6年連続で初優勝力士が誕生した。

病床足らず自宅待機者増える

新型コロナに感染後、病床や宿泊療養場所が足りず、自宅待機を余儀なくされている人が少なくとも1万5000人以上いることが共同通信の調査でわかった。

 

←1月23日 前の日次の日 1月25日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました