1月30日今日は何の日&今日の出来事/公衆電話は重要だよって話

1月
今日は何の日1月

1月30日といえば何を思い浮かべますか?

私ごとですが、この頃になると花がムズムズし始めるんですよね。あ~またあの季節が来たのかと思うと辛いですが、しょうがないですよね。

さてここでは、「1月30日といえば何の日か?」に関する事や、その年の1月30日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

1月30日は何の日?

←1月29日 前の日次の日 1月31日→

3分間電話の日

1970年(昭和45年)1月30日、公衆電話の市内通話電話料金が「3分10円」に定められたことから、この日が「3分間電話の日」に定められました。

3分10円が定められる前は、1通話10円で時間も無制限だったそうです。なので、公衆電話での長時間通話を制限するため上限が設けられました。

災害時の公衆電話の特徴

携帯電話の普及が進んだことで、公衆電話の設置場所が減少しました。公衆電話の役割はさほどないように思われますが、災害時には以下の2つの特徴から非常に重要な通信手段となっています。

<その1>
大地震などの災害時には携帯電話は発着信に対して規制がかかることがあります。それに対し、公衆電話は「災害時有線電話」に指定されているので、通信規制の対象外として優先的に扱われます。

<その2>
公衆電話は、停電になっても通信ビルから電話回線を通じて電力の供給を受けているため、電話をかけることができます。かけるには硬貨が必要です。

出典:公衆電話の特徴と使用方法(総務省ホームページ)

上記リンクの資料には詳細が書かれているの今一度ご確認ください。

なお、公衆電話が減ったということもあり、公衆電話そのものを使ったことがない小学生も増えているそうです。NTT東日本では、そんな子ども向けの公衆電話のかけ方を教える特設ページを開設しています。しばらく公衆電話を使っていない大人の方もクイズに挑戦してみてはいかがですか?

参考:はじめての公衆電話 キッズページ(NTT東日本)

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の1月30日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年1月30日(土)の主な出来事

キンコン西野さん、吉本興業退社

吉本興業はお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんとの契約を終了すると発表した。西野さんは契約終了について、「ぎくしゃくはない」とマネージャーとの確執があったとの報道を否定した。

収賄罪で死刑執行

中国で約290億円の収賄罪に問われた資産管理会社の元会長の死刑が執行された。汚職事件での死刑執行は異例とのこと。なお、1審判決から3週間余りで刑が執行された。

50代の男2人が殴り合い

兵庫県警はマスクの着用をめぐって、コンビニ前の路上で殴り合いになった57歳の男と59歳の男を現行犯逮捕した。2人はコンビニのレジに並んでいた際、59歳の男がマスクを着用していなかったことをきっかけにけんかになったという。

 

←1月29日 前の日次の日 1月31日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました