2月16日今日は何の日&今日の出来事/天気図記念日!!日本初の天気図が誕生!

2月
今日は何の日2月

2月16日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみたところ、「天気図記念日」なるものがありました。明治時代のこの日、日本初の天気図が作られた日でありました。

さてここでは、天気図記念日を含む「2月16日といえば何の日か?」に関する事や、その年の2月16日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

2月16日は何の日?

←2月15日 前の日次の日 2月17日→

天気図記念日

出典:気象庁「日本初の印刷天気図」を画像加工して作成

1883年(明治16年)2月16日、ドイツの気象学者エリヴィン・クニッピングの尽力で、全国の気象情報を収集できるようになりました。

東京気象台はその情報を元にして、日本初の天気図(※上記画像)が作成できるようになりました。この日を由来とし、記念日が制定されました。

同年3月1日から天気図が毎日1回発行されるようになり、翌1884年6月1日には毎日3回の全国の天気予報が開始されました。

出典:気象庁ホームページ

 

寒天の日

寒天日本一の産地である長野県の茅野商工会議所と寒天水産加工業協同組合が制定。

2005年2月16日、全国放送で寒天が健康食品として紹介され、反響を呼び、寒天が有名になったことを記念して2月16日が記念日に。

(補足)
寒天は食物繊維が豊富で、日本では古来より食べられている伝統食品です。

現在では寒天が活躍する場は幅広く、以下のようの分野で利用されています。

・食品(羊羹、キャンデー、ゼリーほか)
・化粧品(シャンプー、マスカラ)
・製造工業(布・紙の糊付け用)
・学術用(細菌培養)
・歯科医療(歯型を採る材料)
・医薬品(低カロリー食品、錠剤ほか)

出典:「寒天とは?」信濃寒天株式会社HP

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の2月16日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年2月16日(火)の主な出来事

リコール運動でアルバイトが偽署名?

愛知県の大村知事のリコール運動での不正署名問題で、名古屋市にある広告関連会社が佐賀県で多数のアルバイトを募集し、署名簿に偽の署名を書き込む作業をさせていた疑いがあることがわかった。

島根県、聖火リレー中止か?

島根県の丸山達也知事が、島根県内の聖火リレーについて中止を検討していることがわかった。丸山知事は政府や東京都が新型コロナの感染拡大を封じ込められない状況での聖火リレーを疑問視している。

 

←2月15日 前の日次の日 2月17日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました