3月12日今日は何の日&今日の出来事/「モスの日」モスバーガーオープン!!

3月
今日は何の日3月

3月12日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、1972年3月12日にあのモスバーガーが誕生した日なんだそうです。誕生から約半世紀!すごいことですよね。

さてここでは、モスの日を含む「3月12日といえば何の日か?」に関する事や、その年の3月12日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

3月12日は何の日?

←3月11日 前の日次の日 3月13日→

サンデーホリデーの日

1876年(明治9年)3月12日、官公庁で土曜日を半日休日にし、日曜日を1日休日にする制度が実施されました。

土曜半休・日曜休日制の実施以前は?

1868年(明治元年)、明治政府は一六日いちろくびという日付の下1桁の数字が「1」(31日は除く)と「6」の日を休日にする制度を採用していましたが、欧米との交易など都合が悪かったため、1876年3月12日に一六日の休日が廃止されました。

 

モスの日

モスフードサービスが制定。

1972年3月12日、東京・成増に初めてモスバーガーの実験店がオープンしました。同社ではこの日を「感謝される仕事をしよう」という原点の心を思い起こすとともに、お客や地域の人々に感謝する日として「モスの日」を制定しました。

 

スイーツの日

スイーツを取り扱うウェブマガジンを発行するスーパースイーツが2008年に制定。

スイーツの魅力をより多くの人に広めることを目的としています。日付は「ス(3)イ(1)ーツ(2)」の語呂合わせから。

 

その他

サイフの日
スタイル株式会社が制定。財布を新調する人が多いと言われる3月に財布売り場の活性化を図るのが目的。日付は「さ(3)い(1)ふ(2)」の語呂合わせから。

サイズの日
女性用下着メーカー大手の株式会社ワコールが制定。3月は新しい生活を迎える人が多く、この日を機にサイズの大切さをより多くの人に知ってもらい、自分の体に合ったものを選んでもらうのが目的。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の3月12日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年3月12日(金)の主な出来事

認定取り消しへ

総務省の幹部らを接待したことで問題となった東北新社が、放送法の外資規制に違反している状態で事業の申請をしていたことを受け、武田総務相は認定取り消しに向けた手続きに入る方針を明らかにした。

国内で新たな変異種

厚生労働省は国内でフィリピン由来の新型コロナウイルスの変異種が見つかったと発表した。

「スッキリ」で不適切発言

日本テレビの情報番組「スッキリ」の放送内容で不適切発言があり、批判されることとなった。同番組内で芸人の脳みそ夫さんがアイヌ女性のドキュメンタリー作品を紹介した後、「謎かけ」をしたがアイヌ民族にとって非常に不適切なネタを披露した。

 

←3月11日 前の日次の日 3月13日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました