4月25日今日は何の日&今日の出来事/「国連記念日」サンフランシスコ会議の始まり!!

4月
今日は何の日4月

4月25日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「国連記念日」や「DNAの日」、はたまた「拾得物の日」なんてものもありました。ある男性が1億円を拾った事件なんだそうです。

さてここでは、国連記念日を含む「4月25日といえば何の日か?」に関する事や、その年の4月25日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

4月25日は何の日?

←4月24日 前の日次の日 4月26日→

国連記念日

1945年(昭和20年)4月25日、国際連合憲章の作成・採択するためのサンフランシスコ会議が始まったことに由来し、「国連記念日」が制定されました。

(補足)国際連合憲章
国際連合憲章(国連憲章)とは、国際連合の目的や原則など、設立の根拠となる基本的な事項を定めた条約です。51ヵ国が署名し、1945年10月24日より条約の効力が発生し、国際連合が正式に発足しました。

なお、国際連合が発足した10月24日は、「国連の日(国連デー)」に定められています。

 

世界ペンギンの日

毎年4月25日前後、アメリカの南極観測基地「マクマード基地」付近に、繁殖を終えたアデリーペンギンが姿を見せていました。同基地の研究者が、それを見て「ペンギンの日」としてお祝いしたことが「世界ペンギンの日」のはじまりといわれています。

 

DNAの日

デオキシリボ核酸(DNA)の二重らせん構造を発表する論文が、1953年4月25日発行の総合学術雑誌「ネイチャー」に掲載されました。

この論文を発表したのは、当時としては無名の研究者であったジェームズ・ワトソン、フランシス・クリックで、20世紀最大の発見とまで言われました。

1953年にDNAの二重らせん構造が発見されてから50年後の2003年、ヒトゲノムの塩基配列が解読されたとアメリカ、イギリス、日本など6ヵ国からなる研究チームによって発表されました。

 

その他

拾得物の日
1980年4月25日、ある男性が東京・銀座で現金1億円が入った風呂敷を発見し、警察に届け出ました。落とし主は現われず、1億円全額が男性のもとへ。この出来事を由来とし「拾得物の日」が制定されました。

ギロチンの日
1792年4月25日、フランスで罪人を斬首刑に処すギロチンが、議会で正式に処刑道具として認められたことに由来。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の4月25日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年4月25日(日)の主な出来事

3回目の緊急事態宣言

3回目の緊急事態宣言が東京、大阪、京都、兵庫の4都府県で発令された。期間は5月11日までの17日間となる。

「料理の鉄人」神田川俊郎氏が死去

テレビ番組「料理の鉄人」(フジ)に出演するなど、お茶の間に人気を博した料理人の神田川俊郎氏が亡くなった。81歳だった。

神田氏は体調を崩し病院に搬送。検査から新型コロナに感染したことが確認され、治療を受けていたという。

自民党、3選挙で「全敗」

菅政権が発足してから初の国政選挙が行われ、衆参3選挙でいずれも野党候補が勝ち、与党は全敗に終わった。この結果から菅首相の総裁選再選や、衆議院選挙への影響が及ぶと見られる。

 

←4月24日 前の日次の日 4月26日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました