5月30日今日は何の日&今日の出来事/ごみゼロの日!環境美化の意識を高めよう

5月
今日は何の日5月

5月30日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、5月30日は「ごみゼロの日」で、「ごみ減量化推進週間」の初日でもありました。さらに「掃除機の日」もあったんで、この日は掃除をして、なるべくゴミを出さない生活をしてみてもいいかもしれませんね。

さてここでは、ごみゼロの日を含む「5月30日といえば何の日か?」に関する事や、その年の5月30日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

5月30日は何の日?

←5月29日 前の日次の日 5月31日→

統計院設立

1881年(明治14年)5月30日、早稲田大学の創設者と知られる大隈重信の尽力により、明治政府は統計院の設立をしました。

大隈は大蔵卿(現・財務大臣)を担当していた時、財政整理において正確な統計の必要性を感じ、統計院の設立に乗り出しました。そして、統計院設立後、自ら初代院長に就任し統計整備にあたりました。

大隈は統計について以下のように必要性を説きました。

「現在の国勢を詳明せざれば、政府すなわち施政の便を失う。過去施政の結果を鑑照せざれば、政府その政策の利弊を知るに由なし。」と謳われており、政府は、政策の良し悪しを判断するためには、現在の国の情勢を明らかにし、過去の施策の結果と比較してみる必要があると、統計データの必要性が簡明に表現されています。

引用元:統計の偉人たち・大隈重信(総務省統計局)

ほかにも大隈と交流のあった福澤諭吉など、歴史に名を残した偉人たちも国作りにおいて統計の必要性を説いています。

時間があれば参考までに下記リンクも覗いてみてください。統計の大切さがわかるだけでなく、統計に関わった人物相関図をなぞるだけでも面白いです。

参考:統計の黎明とその歴史(総務省統計局)

 

ごみゼロの日

民間団体の呼びかけで始まった「530(ごみゼロ運動)」が、のちに官民一体の活動となって環境美化運動が全国各地に広まりました。

1993年(平成5年)、厚生省(現・厚生労働省)は、“ごみゼロ運動”を受けて毎年5月30日を「ごみ減量化推進週間」の初日と制定しました。

5月30日から6月5日の期間は、ごみの減量化やリサイクルを促進するための啓発活動が行われます。

 

掃除機の日

日本電機工業会の『お掃除を見直す会』が、1986年(昭和61年)に「お掃除の日」を制定し、1997年(平成9年)に「掃除機の日」に改称しました。

ダニやカビが多く発生する梅雨が来る前に、掃除の大切さを呼びかけることを目的としています。

 

その他

女子将棋の日
2007年(平成19年)5月30日、日本女子プロ将棋協会が設立されたことにちなんで制定されました。なお、11月17日は「将棋の日」です。

消費者の日
1968年(昭和43年)5月30日、消費者保護基本法が公布・施行されました。その10周年となる1978年に経済企画庁(現・内閣府)が、5月30日を記念して「消費者の日」に制定しました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の5月30日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年5月30日(日)の主な出来事

陸上男子1500mで日本新記録

米国オレゴン州で行われた陸上大会「ポートランド・トラックフェスティバル」の男子1500mに出場した荒井七海選手が、3分37秒05で日本新記録を樹立した。日本記録の更新は17年ぶり。

大坂なおみ選手が会見拒否

テニスの全仏オープン開幕前に記者会見をしないことを明言していた大坂なおみ選手が、試合終了後の記者会見を欠席した。

義務づけられている記者会見を拒否した大坂選手に対し、大会主催は罰金1.5万ドル(164万円)を課し、会見拒否が続くようだったら4大大会出場停止の可能性を示唆した。

 

←5月29日 前の日次の日 5月31日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました