6月7日今日は何の日&今日の出来事/緑内障を考える日!!眼の成人病に気をつけよう

6月
今日は何の日6月

6月7日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「緑内障を考える日」がありました。実は緑内障のことを全然知らなかったので、この際ちょっと学んで見たんですが、「眼の成人病」とも言われているそうです。

「緑内障を考える日」をきっかけに眼の定期検診に行ってもいいかもしれませんね。

さてここでは、緑内障を考える日を含む「6月7日といえば何の日か?」に関する事や、その年の6月7日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

6月7日は何の日?

←6月6日 前の日次の日 6月8日→

緑内障を考える日

緑内障を考える日

緑内障の患者やその家族で作る「緑内障フレンド・ネットワーク」が6月7日を「緑内障を考える日」に制定しました。

緑内障は“眼の成人病”とも言われており、日本人の中途失明の原因として多いとされています。

この緑内障を考える日では、年に1度は緑内障の検診を受けるように呼びかける日となっています。

日付は「りょく(6)ない(7)しょう」の語呂合せから。

緑内障とは

緑内障は、眼圧が高まることで視神経が損傷を受け、視野が欠けていく疾患です。視野の欠損は自覚症状がないまま進むため、早期発見・早期治療が重要となります。

緑内障は放置すると失明の危険性が高まりますが、眼の定期的な検査と適切な治療により進行を遅らせることが可能だそうです。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の6月7日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年6月7日(月)の主な出来事

行方不明の門倉氏が帰宅

5月15日から行方不明になっていたプロ野球・中日の元2軍投手コーチの門倉健氏が自宅に戻ったと、門倉氏の妻が明らかにした。

JOC経理部長が電車にはねられ死亡

日本オリンピック委員会(JOC)の経理部長を務める男性が、都営浅草線中延駅でホームに入ってきた電車にはねられ死亡した。

アルツハイマー治療薬が承認

米食品医薬品局は、製薬会社のバイオジェン(アメリカ)とエーザイ(日本)が共同開発したアルツハイマー病の治療薬を承認したと発表した。世界初の根本治療薬として期待されている。

人気番組が約18年の歴史に幕

TBSの安住紳一郎アナウンサーが司会を務める人気番組『ぴったんこカン・カン』が、9月末に放送を終えることがわかった。同番組は2003年4月に始まり、安住アナとゲストのやり取りで人気を博した。

 

←6月6日 前の日次の日 6月8日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました