6月8日今日は何の日&今日の出来事/大鳴門橋が開通した日!!渦潮スゴいよね♪

6月
今日は何の日6月

6月8日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「大鳴門橋開通記念日」なる日がありました。あの渦潮で有名な鳴門海峡に掛かる橋が開通した日なんですね。

子どもの頃、あの渦潮を見たことがあるのですが、海の底に引きずられて死んでしまうってことを想像して怖かった記憶があります。

ただ、鳴門の渦潮は常時見られるわけではなく、1日のうちわずか数時間しか見られない自然現象なんですね。なので、今思えば貴重な体験でした。

さてここでは、大鳴門橋開通記念日を含む「6月8日といえば何の日か?」に関する事や、その年の6月8日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

6月8日は何の日?

←6月7日 前の日次の日 6月9日→

大鳴門橋開通記念日

大鳴門橋と渦潮(出典:写真AC)

1985年6月8日、鳴門海峡の両岸となる淡路島(兵庫県)と大毛島(徳島県)をつなぐ、全長1629メートルの強大な吊り橋『大鳴門橋おおなるときょう』が完成しました。

海上から45メートルの高さにある遊歩道『渦の道』からは、鳴門海峡名物の渦潮を見ることができます。

(補足)渦潮の発生について
詳しい原理については下記のリンクを紹介しますが、渦潮発生の原理を簡単にいうと、瀬戸内海側と太平洋側とで潮の満ち引きにより、鳴門海峡に約1.3メートルほどの落差が生じ、その差で渦潮が発生するそうです。

詳しくは南あわじ市の「鳴門海峡の渦潮のしくみ」をご覧ください。詳しい動画解説もあります。

 

ヴァイキングの日

793年6月8日、ヴァイキングに修道院が襲撃されるという事件が起きました。これは英国最古の歴史書「アングロ・サクソン年代記」に記されたもので、記録としては初めてのヴァイキング登場となります。この日に由来して「ヴァイキングの日」が制定されました。

ヴァイキングは、9世紀に入ってから侵略などを活発化させ、11世紀中ほどまでの約250年の間、西ヨーロッパ一帯の脅威となりました。

なお、幸村誠さん作の『ヴィンランド・サガ』という漫画があるのですが、こちらは11世紀初頭のヴァイキングたちの生き様を描いています。

ヴァイキングの世界観にどっぷりひたれるとあっておすすめの作品です。


→アマゾンはこちら

 

成層圏発見の日

1902年(明治35年)6月8日、フランスの気象学者テスラン・ド・ポールにより成層圏が発見されたことを記念して「成層圏発見の日」が制定されました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の6月8日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年6月8日(火)の主な出来事

池田小事件から20年

2001年6月8日、大阪府池田市の池田小学校に男が侵入し、無差別に児童を襲い8人が亡くなった事件から20年が経過した。

秋葉原殺傷事件から13年

2008年6月8日、東京・秋葉原で男がトラックで歩行者をはね、さらにナイフで襲い7人の命が奪われた事件から13年が経過した。

菅原前経済産業相を略式起訴

東京地検特捜部は、菅原一秀前経済産業相を公職選挙法違反の罪で略式起訴した。

 

←6月7日 前の日次の日 6月9日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました