6月27日今日は何の日&今日の出来事/メディア・リテラシーの日

6月
今日は何の日6月

6月27日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「メディア・リテラシーの日」なるものがありました。これは間違った報道により関係ない人が報道被害あったことで忘れないように定められた日です。

テレビやネット上では真偽不明の情報が飛び交うこともあるので、怪しいと思う情報は鵜呑みにせず、とりあえず静観したほうがいいかもしれませんね。

さてここでは、メディア・リテラシーの日を含む「6月27日といえば何の日か?」に関する事や、その年の6月27日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

6月27日は何の日?

←6月26日 前の日次の日 6月28日→

メディア・リテラシーの日

1994年(平成6年)6月27日、長野県松本市でオウム真理教教徒らによる松本サリン事件が発生しました。

この事件で現場近くに住む男性が、無実にもかかわらずマスコミにより犯人のように報じられる被害を受けました。

このことを反省するためにテレビ信州が事件のあった6月27日を「メディア・リテラシーの日」と定めました。

 

演説の日

明治維新直後の日本には「演説」という概念がありませんでした。その演説の大切さに気づいた福澤諭吉は、『三田演説会』というサークルを結成します。

そして、1874年(明治7年)6月27日、福澤諭吉による日本で初めての演説会が行われました。この演説に由来して6月27日を「演説の日」に定めました。

その後、福澤諭吉は演説を多くの人に聴いてもらう必要があると考え、慶應義塾に三田演説館を建設しました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の6月27日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年6月27日(日)の主な出来事

弁護士が賠償金着服

警視庁は、46歳の弁護士が交通事故にあった被害者の賠償金約600万円を着服したとして、業務上横領の疑いで逮捕した。弁護士は多額の借金の返済に当てたという。

110mハードルで日本新

東京五輪の代表選考会を兼ねた陸上日本選手権の110mハードル決勝が行われ、順天堂大学の泉谷駿介選手が13秒06の日本新記録を樹立して優勝した。2位は金井大旺選手、3位には高山峻野選手が入り、3人とも東京五輪代表に内定した。

 

←6月26日 前の日次の日 6月28日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました