7月5日今日は何の日&今日の出来事/江戸切子の日!伝統工芸で涼を取ってみてもいかが?

7月
今日は何の日7月

7月5日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「江戸切子の日」なる記念日がありました。江戸切子は東京都の伝統工芸品で煌びやかで華々しいガラス細工です。

暑い時期なんで江戸切子のコップに飲み物を入れて涼を取るのもいいかもしれませんね。

さてここでは、江戸切子の日を含む「7月5日といえば何の日か?」に関する事や、その年の7月5日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

7月5日は何の日?

←7月4日 前の日次の日 7月6日→

江戸切子の日

出典:写真AC

江戸時代末期から作られ出したガラス工芸「江戸切子」をPRする目的で、東京カットグラス工業協同組合が制定。

日付の由来は、魚の卵をモチーフにした「魚子ななこ」文様の「なな(7)こ(5)」の語呂あわせから。

 

名護の日

2009年(平成21年)、沖縄県名護市の「名護の日制定推進ネットワーク会議」が名護市を盛り上げるために「名護の日」を制定。「7(な)5(ご)」の語呂あわせから。

この日は地産地消を目的とした名護産の食材を楽しむ「75-1(名護ワン)グランプリ」など様々なイベントが実施されています。

 

穴子の日

穴子はうなぎ同様、夏バテや食欲減退防止などの効果が期待できることから穴子の「7(な)5(ご)」の語呂合わせから「穴子の日」が定められました。

夜行性の穴子は、昼間は海底の岩穴などに潜んでいることから、「あなごもり」が転じて「穴子」の名前がついたとされています。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の7月5日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年7月5日(月)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←7月4日 前の日次の日 7月6日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました