7月9日今日は何の日&今日の出来事/ジェットコースター記念日!!後楽園ゆうえんちに設置

7月
今日は何の日7月

7月9日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「ジェットコースター記念日」がありました。

ジェットコースターといえば、富士急ハイランドなどが有名ですが、よくもまあ、あのような建造物を造ったと感心します。

もし、日本の景気が良かったら、富士急ハイランドはとんでもないジェットコースターを造ってそうな気がします。

さてここでは、ジェットコースター記念日を含む「7月9日といえば何の日か?」に関する事や、その年の7月9日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

7月9日は何の日?

←7月8日 前の日次の日 7月10日→

ジェットコースター記念日

1955年(昭和30年)7月9日、日本で初めてのジェットコースターが後楽園ゆうえんち(現・東京ドームシティ)に設置されました。

当時のジェットコースターは、1500メートルのコースを最高時速55kmで走り抜けたそうです。

なお、東京ドームシティ名物のジェットコースター「サンダードルフィン」は最速時速130kmを誇ります。

 

四万六千日

7月9日、10日は「四万六千日しまんろくせんにち」の法要が執り行われます。

一般的に7月10日は観音菩薩の縁日で、この日に寺社を参詣すると、1日で四万六千日分と同じご利益が得られると言われています。

四万六千日を年数に換算すると、約126年分で人の一生に勝ります。ちなみに、なぜ“四万六千日”かというと、由来は「一生」と「一升」の掛け言葉からだそうです。お米を一升で量った時、米粒が4万6千個になるんだとか。

四万六千日は江戸時代に庶民の間で広がり、その当時は7月10日のみ執り行われていました。しかし、一生分の功徳が得られるとあって、前日から人々が押しかけたため、前日の7月9日も四万六千日となりました。

四万六千日で有名なのは浅草寺(東京)で、2日間に渡りほおずき市が開催されます。ほおずき市では厄除けの縁起物であるほおずきが売られます。

 

鴎外忌

1922年(大正11年)7月9日、小説家の森鴎外が亡くなった日で、命日を「鴎外忌おうがいき」と呼びます。代表作は『舞姫』『高瀬舟』『山椒大夫』など。

なお、森鴎外は小説家だけでなく、評論家、翻訳家、陸軍軍医などとしても活躍をしました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の7月9日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年7月9日(金)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←7月8日 前の日次の日 7月10日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました