7月14日今日は何の日&今日の出来事/ひまわりの日!人工衛星ひまわりが宇宙で花開いた♪

7月
今日は何の日7月

7月14日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「ひまわりの日」なる記念日がありました。時期的に植物のひまわりのことかと思ったら、気象衛星ひまわりに関する記念日でした。

近年は天気予報の精度も上がり、本当に助かります。これも気象衛星ひまわりのおかげでもあります。

さてここでは、ひまわりの日を含む「7月14日といえば何の日か?」に関する事や、その年の7月14日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

7月14日は何の日?

←7月13日 前の日次の日 7月15日→

ひまわりの日

1977年(昭和52年)7月14日、気象衛星「ひまわり1号」がアメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられました。このことを記念して「ひまわりの日」が制定されました。

気象と密接な関係がある太陽のイメージがある花の名前が検討され、「太陽=sun」の言葉を含む「sunflower=ひまわり」から気象衛星ひまわりの名前が決まったそうです。

ちなみに、宇宙開発事業団(現・JAXA)が初めて人工衛星を打ち上げたのは1975年(昭和50年)のことで、初号機は「きく」という名前が付けられました。

現在のひまわりは?

現在、日本の気象を観測している人工衛星ひまわりは、2014年(平成26年)10月7日に打ち上げられた8号と、2016年(平成28年)11月2日に打ち上げられた9号の2基がその役割を担っています。

2022年までをひまわり8号が主に観測を行い、その後、ひまわり9号が2029年まで観測する予定となっています。

 

ゼラチンの日・ゼリーの日

1700年頃よりヨーロッパでゼラチンが工業的に生産されるようになりました。ゼラチンはゼリーの原料として、フランス菓子や料理に好んで使われ始めました。

このことからフランス革命と同じ日を「ゼラチンの日」あるは「ゼリーの日」と日本ゼラチン・コラーゲンペプチド工業組合が定めました。

 

内視鏡の日

1950年(昭和25年)、日本国内で世界初となる胃カメラによる胃内撮影に成功しました。このことを記念して、内視鏡医学研究振興財団が「内視(な=7)(い=1)(し=4)」の語呂合わせから7月14日を「内視鏡の日」に制定しました。

 

その他

廃藩置県の日

ペリー上陸記念日

求人広告の日

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の7月14日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年7月14日(水)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←7月13日 前の日次の日 7月15日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました