7月23日今日は何の日&今日の出来事/2020年東京オリンピック開幕(予定)の日!!

7月
今日は何の日7月

7月23日といえば何の日を思い浮かべますか?

私は関心があまりなかったので覚えていませんでしたが、2021年7月23日は東京五輪が開幕する日だったんですね^ ^;

今回の東京五輪ってメインスタジアムのデザインやエンブレムと色々と問題があってケチがついた感じです。ある意味忘れられない五輪かも。

さてここでは、2020年東京五輪開幕の日を含む「7月23日といえば何の日か?」に関する事や、その年の7月23日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

7月23日は何の日?

←7月22日 前の日次の日 7月24日→

2020年東京オリンピック(予定)

2021年(令和3年)7月23日、東京2020オリンピック競技大会が開幕する予定。

本来、2020年7月24日から開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行を受け、1年の延期となりました。

2020年東京オリンピック概要

2020年東京オリンピックでは、参加人数12,000人の予定で33競技339種目が実施されます。開催期間は2021年7月23日から8月8日までです。

呪われた東京オリンピック?

東京オリンピックでは様々な問題が浮上し、挙げ句の果てには“呪われた東京五輪”とも言われたり…。ネットやワイドショーなどで取り上げられた問題をわかる範囲でまとめてみました。
※時系列はバラバラです

・メインスタジアムデザイン問題
・メインスタジアム工事費高すぎ問題
・東京五輪の公式エンブレム盗作騒動
・カヌー会場どこでやる問題
・観客席の椅子が直角で硬い・狭い問題
・ボランティアのユニフォームダサい問題
・チケットが買えない、当たらない問題
・トライアスロンの水質(大腸菌)問題
・マラソン暑すぎる問題(東京から札幌へ)
・森喜朗会長、女性蔑視発言
・新型コロナウイルスの感染拡大で延期
・東京五輪、パラをやるかやらないか問題

 

文月ふみの日

1979年から郵政省(現・日本郵政グループ)は、毎月23日は「2(ふ)3(み)」の語呂合わせから「ふみの日」としています。

また、7月の旧称である文月ふみづきは、「ふみの日」でも特別で、ふたつの「ふみ」がつく日を「文月ふみの日」と定めています。

「文月ふみの日」は、ふみの日にちなむ郵便切手が発行されるほか、様々なイベントが行われます。

 

米騒動の日

1918年(大正7年)7月23日、富山県魚津町(現・魚津市)の主婦達が米騒動を起こしたことにちなみ、「米騒動の日」が定められました。

当時、魚津町では不漁と米価高騰に苦しんでいました。主婦達は米倉に押し寄せ、県外向けに輸送する積み荷の運べないよう妨害する集団行動を7月22日の夜から23日かけ起こしました。

この騒動が全国にも波及したことで、寺内正毅内閣は米騒動の責任を取り、同年9月21日に総辞職することとなりました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の7月23日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年7月23日(金)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←7月22日 前の日次の日 7月24日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました