7月25日今日は何の日&今日の出来事/最高気温記念日!!暑い時はかき氷で涼を取ろう♪

7月
今日は何の日7月

7月25日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「最高気温記念日」「かき氷の日」なる日がありました。

毎年、夏がどれぐらい暑くなるか気になりますよね。ほどほどの暑さになることを願うばかりです。とはいえ、暑いときはかき氷を食べて涼を取るのもいいもんです。

さてここでは、最高気温記念日やかき氷の日を含む「7月25日といえば何の日か?」に関する事や、その年の7月25日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

7月25日は何の日?

←7月24日 前の日次の日 7月26日→

最高気温記念日

1933年(昭和8年)7月25日、山形県山形市で当時の日本最高気温「40.8℃」が記録されました。このことにちなんで「最高気温記念日」が制定されました。

なお、2020年8月17日に静岡県浜松市で、2018年7月23日に埼玉県熊谷市で41.1℃が記録されています。

46.3℃を記録した日があった

日本の最高気温は41.1℃(2021年6月時点)ですが、約100年近く前の1923年(大正12年)9月2日に東京で46.3℃を記録したことがありました。

前日の9月1日に、関東地方一帯を襲った関東大震災が発生しました。死者・行方不明者は推定10万5,000人と言われており、明治以降における日本の地震被害としては最大規模です。

地震発生により東京では大火災が発生し、9月2日の未明には気象観測をしていた中央気象台も火の海となっていました。

そんななかでも当時の職員は、建物や高価な観測器具を失うよりも、観測が途絶えることと、記録が失われることを恐れたそうです。こうして観測をした結果、9月2日に46.3℃が記録されることになったそうです。

関東大震災という異常な状況での記録であったため、正式な観測記録にはならないそうです。しかし、この先地震が起き、大火災に見舞われた場合、そこまで気温が上がってしまうことを念頭にいれておかなければならないと教えてくれたのではないでしょうか。

出典:「日本の最高気温の記録は46.3℃である」(森田正光)

 

かき氷の日

かき氷は「夏氷」とも呼ばれており、「7(な)2(つ)5(ご)おり」の語呂合わせと、1933年(昭和8年)7月25日に日本最高気温が記録されたことにちなんで、日本かき氷協会が制定しました。

天然氷

近年、テレビでもよく聞くようになった天然氷は真冬の厳しい寒さと池や湖の天然水を利用して作ります。

氷は2週間以上の時間をかけてゆっくりと凍らせると、不純物を含まないきめ細かい氷ができるんだそうです。

 

うま味調味料の日

東京帝国大学(現・東京大学)の池田菊苗博士が、昆布から第5の味覚「うま味」を抽出しました。

1908年(明治41年)7月25日、その製造方法の特許が取得されたことから「うま味調味料の日」が制定されました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の7月25日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年7月25日(日)の主な出来事

2020年度予算、繰り越し

国の2020年度予算で、2021年度への繰越金が30兆円を超える見通しとなった。例年は5兆円以下の繰り越しという。

東京五輪/日本代表まとめ(7月25日)

・競泳の女子400メートル個人メドレーで、大橋悠依選手が金メダルを獲得。

・スケートボードの男子ストリートで、堀米雄斗選手が金メダルを獲得。

・柔道の女子52kg級で阿部詩選手が、男子66kg級で阿部一二三選手が金メダルを獲得。兄と妹が同日に金メダルを獲るのは柔道史上初。

・3人制女子バスケットボールの1次リーグで、世界ランク8位の日本が世界ランク1位のフランスを下す大金星。

・競泳の男子200メートル自由形に出場した日本記録保持者の松元克央選手が、まさかの予選落ち。

 

←7月24日 前の日次の日 7月26日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました