7月28日今日は何の日&今日の出来事/菜っ葉の日!夏野菜を食べて夏バテ防止をしよう!!

7月
今日は何の日7月

ここでは、「7月28日といえば何の日か?」に関する事や、その年の7月28日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

7月28日は何の日?

←7月27日 前の日次の日 7月29日→

夏の土用の丑の日(2021年)

五行に由来する暦の雑節である「土用」は年に4回ありますが、現在は夏の土用が最も有名で、7月20日頃から立秋の前日までがあたります。また、「丑の日」は、日にちを十二支で割り振ったなかの“丑”にあたる日です。

夏の土用期間中の丑の日、つまり「夏の土用の丑の日」は、夏バテ防止に良いとされる“う”のつくものを食べる習慣があります。特に鰻を食べる習慣を生み出したとされるのが、江戸時代の学者・平賀源内と言われています。

なお、夏の土用丑の日は年によって2回あることがあります。

「う」のつく食べ物

地域によって様々ですが、“う”のつく食べ物で夏バテ防止に良いとされるのは、「鰻」「うどん」「ウリ」「梅干」などです。

鰻(うなぎ)について

ビタミン類やタンパク質を多く含む鰻は、夏バテ防止に最適といわれています。この鰻を食べる習慣を定着させたのが、平賀源内と言われています。

ある日、鰻屋から宣伝を頼まれた平賀源内が、「本日土用の丑の日」という看板を店に出させたところ、店は大繁盛したといいます。

 

世界肝炎デー/日本肝炎デー

B型肝炎やC型肝炎の世界的認識を高め、予防・検査・治療を促進するため、2010年に世界保健機関(WHO)が制定。

厚生労働省がWHOの方針を受け、同じ7月28日を「日本肝炎デー」と定めました。

 

菜っ葉の日

「な(7)っ(2)ぱ(8)」の語呂合わせから、青果商関係者らが「菜っ葉の日」を制定。この日は菜っ葉を食べて夏バテを防いでほしいという願いが込められています。

 

第一次世界大戦開戦日

1914年(大正3年)6月28日、セルビアの若者がオーストリアの皇太子を暗殺するサラエボ事件が発生しました。

この事件が引き金となり、1914年7月28日、オーストリア=ハンガリーがセルビアに宣戦布告。そして、欧州各国がそれぞれの事情から戦いに参戦し、世界規模の戦争、すなわち第一次世界大戦へと発展していきました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の7月28日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年7月28日(水)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←7月27日 前の日次の日 7月29日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました