8月6日今日は何の日&今日の出来事/広島平和記念日は犠牲者を悼み黙祷を

8月
今日は何の日8月

8月6日といえば何の日を思い浮かべますか?

この日は広島に原子爆弾が落とされた日です。原子爆弾により直接亡くなった方、原爆症などの後遺症で亡くなった方を合わせると25万人以上が犠牲になりました。

この日は広島平和記念日で哀悼の意を表し、犠牲者への黙祷を捧げたいです。

さてここでは、広島平和記念日を含む「8月6日といえば何の日か?」に関する事や、その年の8月6日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

8月6日は何の日?

←8月5日 前の日次の日 8月7日→

広島平和記念日

1945年(昭和20年)8月6日、アメリカ軍のB29爆撃機が原子力爆弾を広島市に投下しました。市街地は壊滅し、死者数約14万人という多大な被害が出ました。世界で初めて人が住む場所に核兵器が使われた日となりました。

その後、原爆症などで亡くなった人を含めると犠牲者の総数は25万人以上に上りました。

1955年(昭和30年)に完成した広島市の平和記念公園では、原爆死没者慰霊碑を前に原爆慰霊祭を開催し、世界平和を祈念する宣言が行われます。

慰霊祭の式典は8月6日午前8時から行われ、原子力爆弾の投下された8時15分から哀悼の意を表し、1分間の黙祷が行われます。

 

仙台七夕まつり

青森ねぶた、秋田竿灯まつりと並ぶ東北三大まつりのひとつである仙台七夕まつりは、8月6日から8日まで開催され、200万人以上が訪れる祭りです。

仙台七夕まつりは、仙台藩初代藩主の伊達政宗が奨励したといわれるお祭りで、もとは眠り流しの一種とされています。

 

太陽熱発電の日

1981年(昭和56年)8月6日、香川県仁尾町(現・三豊市)の電源開発・仁尾太陽熱試験発電所で、世界で初めて太陽熱による1000KWの発電に成功しました。この出来事を記念して「太陽熱発電の日」が制定されました。

 

リオデジャネイロ五輪開幕

日本時間の2016年(平成28年)8月6日、ブラジルのリオデジャネイロで第31回オリンピック競技大会が開幕しました。206の国と地域から約11,000人が参加し、28競技306種目が行われました。

日本選手団は金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル21個の計41個のメダルを獲得しました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の8月6日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年8月6日(金)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←8月5日 前の日次の日 8月7日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました