9月1日今日は何の日&今日の出来事/防災の日!災害時の備えに防災グッズや避難経路を確認しよう!

9月
今日は何の日9月

9月1日といえば何の日を思い浮かべますか?

災害に関する事で言えば「防災の日」があります。少なくとも1年に1回は防災グッズや避難経路、連絡方法などを確認しておきたいですね。

さてここでは、防災の日を含む「9月1日といえば何の日か?」に関する事や、その年の9月1日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

9月1日は何の日?

←8月31日 前の日次の日 9月2日→

防災の日

1923年(大正12年)9月1日、マグニチュード7.9の関東大震災が発生し、死者・行方不明者10万人以上、家屋全半壊25万戸にのぼる大災害となりました。

この関東大震災を忘れずに地震災害に備えることと、台風・高潮・津波・地震等の災害についての認識を深めるため、1960年(昭和35年)に9月1日を「防災の日」にすることが閣議決定されました。

なお、9月1日は台風や風の強い日が多いとされる「二百十日」にあたり、地震だけでなく風水害に対する準備や訓練を行う日となっています。

(補足)防災週間
1982年(昭和57年)以降は、防災の日を含む8月30日から9月5日までの1週間を「防災週間」と定めています。

 

おわら風の盆

昔から農家の人々は9月1日頃に吹く風を「二百十日」と呼び、厄日として警戒していました。この時期は台風や大雨に襲われ、米が不作になることが多かったからです。

そのため、日本各地では二百十日の風を鎮め、豊作を願う行事やお祭りなどが行われてきました。「風祭」「風鎮祭」「とおせんぼう」などと地域により名前はさまざまです。

富山県富山市八尾町では、毎年9月1日から3日にかけて「おわら風の盆」が開催されます。
おわら風の盆では、風の神様を鎮め、作物の無事を祈るために踊りが奉納されます。越中おわら節に合わせて女性は優雅に、男性は勇壮に夜通し踊り続けます。

 

キウイの日

夏の暑さで溜まった疲れや、弱った体を回復させるために栄養価の高いキウイを食べてもらおうとゼスプリインターナショナルジャパン株式会社が制定。日付は「キュウ(9)イ(1)」の語呂合わせから。

同社では、マスコットでもあるキウイブラザーズとともに毎年9月1日に様々な企画を行っています。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の9月1日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年9月1日(水)の主な出来事

年内に結婚か

秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんが年内に結婚される見通しだと報じられた。

デジタル庁が発足

中央官庁「デジタル庁」が発足した。デジタル庁は「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」の実現を目指す。

新一万円札の印刷始まる

「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一の肖像画が描かれた新一万円札の印刷が始まる。流通は2024年度から。

モデルナ製ワクチンの異物

モデルナ製の新型コロナワクチンの未使用容器から異物が見つかった問題で、厚生労働省はワクチン製造過程で機器から生じたステンレスの破片だったと発表した。

東京パラ/日本代表まとめ(9月1日)

・ボッチャ個人BC2(運動機能)で、杉村英孝選手が金メダルを獲得。ボッチャ個人で日本勢の金メダルは史上初。

・競泳男子100m平泳ぎSB11(視覚)で、木村敬一選手が銀メダルを獲得。

・車いすテニスのクアードダブルスで、諸石光照/菅野浩二組が銅メダルを獲得。

 

←8月31日 前の日次の日 9月2日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました