9月12日今日は何の日&今日の出来事/宇宙の日!日本人宇宙飛行士第1号の毛利衛さんが宇宙へ行った日

9月
今日は何の日9月

9月12日は何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「宇宙の日」なる記念日がありました。宇宙と言えば、民間人でも宇宙に飛び立つ時代になりました。

もちろん、これはまだお金持ちの人の話になりますが、それでも多くの人が宇宙に行くようになると、某アニメのように人の革新への道が拓けるようになるのでしょうか?

もし、ニュータ○プを自称する人が出てきたら楽しいでしょうね。

さてここでは、宇宙の日を含む「9月12日といえば何の日か?」に関する事や、その年の9月12日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

9月12日は何の日?

←9月11日 前の日次の日 9月13日→

宇宙の日

1992年(平成12年)は、宇宙や地球環境について考えようという「国際宇宙年」が制定されました。これをきっかけとして、文部省宇宙科学研究所、宇宙開発事業団などからなる団体が「宇宙の日」を制定し、日付を一般公募で決めることにしました。

この年の9月12日は、毛利衛もうりまもるさんが日本人宇宙飛行士として初めてNASAのスペースシャトル・エンデバーに搭乗し、宇宙に飛び立った日でもありました。

また、1992年の「92(きゅうじゅうに)」と、9月12日の数字を並べて「9・12(きゅう・じゅうに)」と読めることから、9月12日が「宇宙の日」となりました。

宇宙の日では、宇宙をもっと身近に感じてもらうため、全国の小中学生を対象に「作文・絵画コンテスト」を開催しているほか、各事業所の施設を一般公開しています。

 

水路記念日

1871年(明治4年)9月12日、兵部省海軍部水路局が設置されました。この水路局の設置におり、日本での本格的な海図作製が始まりました。

このことに由来し、1947年(昭和22年)に運輸省水路部(現・海上保安庁海洋情報部)が、水路業務について多くの人に理解してもらうことを目的に「水路記念日」が制定されました。

海上保安庁では、水路記念日に合わせて海洋調査等に関する歴史資料などの特別展示が開催されています。

 

とっとり県民の日

1871年(明治4年)、廃藩置県により鳥取藩は鳥取県になりましたが、1876年(明治9年)に島根県に合併されることに。

その後、「鳥取県再置運動」が起き、1881年(明治14年)9月12日、現在の鳥取県が再設置されました。

このことに由来し、1998年(平成10年)に鳥取県が県民の一体感を高める日として「とっとり県民の日」を制定しました。

厚労省も間違える

過去に厚生労働省が公表資料(人口動態統計)のなかで、鳥取と島根の数値を取り違えし、謝罪したということもありました。

鳥取、島根の両県では間違えられることはよくあり、両県の職員も慣れているそうです。間違いの中には混同して、「鳥取県松江市」「島根県鳥取市」なんていう事例もあるとか…。

日本地図を見た時、「左が島根県」「右が鳥取県」となります。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の9月12日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年9月12日(日)の主な出来事

全米テニス、予選突破選手が制覇

全米テニスで18歳のエマ・ラドゥカヌ選手(世界ランク150位)が、予選勝者としては史上初の四大大会で優勝を果たした。ラドゥカヌ選手はその後のランキング発表で23位と一気にランクアップした。

女子サッカーのプロリーグ開幕

日本で初めてとなる女子サッカーのプロリーグ「WEリーグ」が開幕した。開幕試合はINAC神戸レオネッサが大宮アルディージャVENTUSを5-0で下した。

 

←9月11日 前の日次の日 9月13日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました