9月15日今日は何の日&今日の出来事/老人の日・老人週間!

9月
今日は何の日9月

9月15日といえば何の日を思い浮かべますか?

大体の方が「敬老の日」や「老人の日」を思い浮かべるのではないでしょうか?
※敬老の日は9月第3月曜

昔からお年寄りを大事にしましょうと言いますが、今はお年寄りの方が元気なような気がします。最近は身体よりも心が疲れることが多いので、長く生きたお年寄りの知識とか経験とかを学んで心の安定を得られたらと思います。

さてここでは、老人の日を含む「9月15日といえば何の日か?」に関する事や、その年の9月15日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

9月15日は何の日?

←9月14日 前の日次の日 9月16日→

老人の日

1947年(昭和22年)、兵庫県多可郡野間谷村(現・多可町)で人生の先輩を敬い、その知識や経験を伝えてもらおうと「としよりの日」が発案され、9月15日に敬老行事が行われました。

「としよりの日」がきっかけとなり、1963年(昭和38年)に「老人の日」が定められ、1966年(昭和41年)に国民の祝日「敬老の日」へと発展しました。

そして、2001年(平成13年)の老人福祉法の改正により9月15日が「老人の日」となり、この日から1週間が「老人週間」と定められました。

老人の日、老人週間には、老人福祉への関心と理解を深めることと、老人が自らの生活の向上に努める意欲を促すことを目的としています。

老人週間では内閣府、厚生労働省などの政府の関連団体や、全国老人クラブ連合会などの福祉団体がさまざまなイベントやキャンペーンを実施しています。

なお、2003年(平成15年)の「国民の祝日に関する法律」の改正により、「敬老の日」が9月15日から“9月の第3月曜日”となりました。

 

ひじきの日

ひじきの煮物(出典:写真AC)

1984年(昭和59年)、三重県ひじき協同組合が9月15日が敬老の日だったことから、ひじきを食べて健康に長生きしてほしいという願いを込めて「ひじきの日」を制定しました。

 

スナックサンドの日

1975年(昭和50年)9月16日、フジパン株式会社は“袋に入った菓子パンのように持ち歩きのできるサンドイッチを作りたい”という考えを元に、日本で初めての携帯サンドイッチ「スナックサンド」を発売しました。

スナックサンド発売から40周年を記念して、2015年(平成27年)に同社が「スナックサンドの日」を制定しました。

2020年には45周年を記念してパッケージをリニューアルし、さらに同社としては36年ぶりとなるテレビCMを放映。イメージキャラクターには、森七菜さんが起用されました。

 

リーマン・ショック

2008年(平成20年)9月15日、アメリカの投資銀行リーマン・ブラザーズ社が経営破綻したことをきっかけに、「リーマン・ショック」と呼ばれる世界規模の金融危機が起きました。

低所得者向けの住宅ローン「サブプライムローン」でお金を借りていた人たちが返済することができなくなり、リーマン・ブラザーズ社の経営が悪化し、負債総額約64兆円という史上最大の倒産劇を招きました。

日本でもこの影響は大きく、GDP成長率は2008年はマイナス1.0%、2009年にはマイナス5.5%となり、非正規雇用の「雇い止め」や派遣社員の「派遣切り」、就活生の内定取り消しなどの問題が起こりました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の9月15日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年9月15日(水)の主な出来事

石破氏、不出馬表明

自民党の石破茂氏は党総裁選について不出馬を表明するとともに、河野太郎氏を支持することも明らかにした。

 

←9月14日 前の日次の日 9月16日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました