9月16日今日は何の日&今日の出来事/競馬の日!日本中央競馬会(JRA)が発足した日♪

9月
今日は何の日9月

9月16日はどんな記念日があるのか調べてみると、「競馬の日」というものがありました。これは日本中央競馬会が発足したことを記念した日でした。

ここでは、そんな競馬の日を含む「9月16日といえば何の日か?」に関する事や、その年の9月16日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

9月16日は何の日?

←9月15日 前の日次の日 9月17日→

競馬の日

1954年(昭和29年)9月16日、農林省(現・農林水産省)のもと、日本中央競馬会(JRA)が発足しました。この出来事に由来し、「競馬の日/日本中央競馬会発足記念日」が制定されました。

JRAは政府が全額出資しており、勝馬投票券収入と事業利益の半分を国庫に納付しています。

納付されたお金は国の一般財源となり、そのうちの4分の3が畜産振興に、4分の1が社会福祉に活用されています。

2020年度(令和2年度)の国庫納付金総額は約3298億円となっています。

出典:国庫納付を通じた貢献(JRA公式HP)

 

国際オゾン層保護デー

1995年(平成7年)、国連総会で「国際オゾン層保護デー」が制定されました。日付は1987年(昭和62年)9月16日にモントリオール議定書が採択されたことから。

国際オゾン層保護デーでは、オゾン層の現状と、保護することの重要性を理解することを目的としています。

日本では9月を「オゾン層保護対策推進月間」として、オゾン層保護やフロン等対策に関する啓発活動を行っています。

 

ハイビジョンの日

日本での高精細度テレビジョン放送の愛称である「ハイビジョン」の画面比率が、16:9(日付にして9:16)であることから通商産業省(現・経済産業省)が制定しました。

ハイビジョン放送は、画像のキレイさを示す走査線の数が1125本あり、従来の標準テレビジョン放送(捜査線数525本)の2倍以上です。

また、標準テレビジョン放送の4:3の比率より、16:9の方が人間の視野角に合い、見やすいことから採用されたそうです。

※上記のハイビジョンの日とは別に、郵政省(現・総務省)とNHKが11月25日に制定した「ハイビジョンの日」もあります。こちらはハイビジョンの走査線が1125本であることから。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の9月16日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年9月16日(木)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←9月15日 前の日次の日 9月17日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました