9月19日今日は何の日&今日の出来事/苗字の日!平民が名字を名乗ることが許されました日!

9月
今日は何の日9月

9月19日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「苗字の日」なる記念日がありました。明治時代に平民が苗字を名乗ることを許されたということなのですが、自分、あるいは興味のある有名人の苗字のルーツを調べてみるのも楽しいかもしれませんね。

さてここでは、苗字の日を含む「9月19日といえば何の日か?」に関する事や、その年の9月19日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

9月19日は何の日?

←9月18日 前の日次の日 9月20日→

苗字の日

1870年(明治3年)10月13日(旧暦9月19日)、太政官布告により平民も名字を名乗ることが許されました。この出来事にちなんで、「苗字の日」が制定されました。

(補足)
苗字を名乗ることが許されましたが、多くの人たちはなかなか苗字を名乗らずにいました。そのため1875年(明治8年)2月13日に「平民苗字必称義務令へいみんみょうじひっしょうぎむれい」が交付され、全国民が苗字を名乗ることが義務付けられました。なお、2月13日は「苗字制定記念日」になっています。

 

糸瓜忌

1902年(明治35年)9月19日、俳人・正岡子規は34歳でこの世を去りました。正岡子規の忌日を「糸瓜忌へちまき」と呼びます。

糸瓜忌の由来は、正岡子規が“糸瓜”を詠んだ3句を絶筆としたことから。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の9月19日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年9月19日(日)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←9月18日 前の日次の日 9月20日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました