9月23日今日は何の日&今日の出来事/秋分の日!祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日

9月
今日は何の日9月

9月23日といえば何の日を思い浮かべますか?

この日は祝日になることが多いことから「秋分の日」と答える方も多いのではないでしょうか?休み…いいですよね^^

さてここでは、秋分の日を含む「9月23日といえば何の日か?」に関する事や、その年の9月23日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

9月23日は何の日?

←9月22日 前の日次の日 9月24日→

二十四節気-秋分

秋分

二十四節気のひとつで、9月23日頃から10月7日頃までを秋分しゅうぶんと呼びます。

「春分の日」同様、秋分の日は太陽が真東から昇り、真西に沈む一日です。秋分の日は昼と夜の長さがほぼ同じとされ、この日を境に次第に夜が長くなっていきます。

 

秋分の日

国民の祝日のひとつで、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日とされています。祝日法により「秋分」にあたる日が、「秋分の日」に該当します。

 

不動産の日

秋は不動産取引が多くなることと、23日を「ふ(2) どう(10=十“じゅう” さん(3)」と読む語呂合わせから、全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が1984年(昭和59年)に「不動産の日」を制定しました。

全宅連は、ハトマークをシンボルマークといます。全国47都道府県で約80%(2018年時点)の不動産店が全宅連に加盟しており、店舗にハトマークを掲示しています。

全宅連では、消費者の豊かな住生活の実現のために、住生活に関わる政策の実現、調査・研究、不動産に関するトラブルに対応した無料相談所の運営などを行っています。

 

万年筆の日

1809年9月23日、英国で万年筆の元となったペンが、フレデリック・バーソロミュー・フォルシュによって発明されました。この出来事にちなんで、「万年筆の日」が制定されました。

 

海王星の日

1846年9月23日、J.ガレが天文学者U・ルベリエの計算予測をもとに海王星を発見したことから「海王星の日」が定められました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の9月23日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年9月23日(木)の主な出来事

3歳虐待死、全身に熱湯

大阪府摂津市で容疑者の男(23)が3歳の男の子を虐待死させた事件で、男は約10分間も男の子の全身に熱湯をかけた可能性があることがわかった。後日、男は「温度は60度まで上げた」と証言した。

那須川選手、45連勝!

那須川天心選手が第7代RISEバンタム級王者の鈴木真彦選手を3-0の判定で下し、連勝記録を「45」に伸ばした。

最も遠い「隠れ銀河」

国立天文台などの国際研究チームは、地球から131億光年離れた場所に「隠れ銀河」があることを発表した。この銀河は観測されたなかで最も遠い銀河となった。

 

←9月22日 前の日次の日 9月24日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました