10月6日今日は何の日&今日の出来事/役所改革の日!千葉県松戸市に「すぐやる課」が設置!

10月
今日は何の日10月

10月6日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「役所改革の日」なる日がありました。こちらはドラッグストア「マツモトキヨシ」の創業者であり、千葉県の松戸市長を務めた松本清氏が発案した「すぐやる課」にちなんだ日なんだそうです。

迅速に動いてくれる行政…素晴らしいですよね。

さてここでは、役所改革の日を含む「10月6日といえば何の日か?」に関する事や、その年の10月6日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

10月6日は何の日?

←10月5日 前の日次の日 10月7日→

役所改革の日

1962年(昭和37年)当時、千葉県松戸市の人口は11万人でしたが、7年後には倍の23万人を突破しました。この人口増加に道路・上下水道などのインフラ整備が追いつかず、また市民の要望にすぐ答えることができないようになったそうです。

そんなことから当時の松本清市長は、市民に役に立つことをすぐにできないだろうかと考え、1969年(昭和44年)10月6日に「すぐやる課」が設置されました。

「すぐやる課」では従来の縦割り行政では対応できないような仕事にあたり、内容も多岐に渡りました。

(補足)
松本清市長は、ドラッグストアチェーン日本最大手の「マツモトキヨシ」の創業者です。松本市長は、任期中に無給勤務をしたことでも話題になったそうです。

(出典:PR TIMES/松戸市プレスリリース「『すぐやる課』発足50周年」)

自治体の変わった名前の課

ちなみに、「すぐやる課」について調べていると、松戸市以外の自治体にも変わった名前の課がありました。

以下、「生活ガイド.com」が調査した「第17回自治体のおもしろい課の名前ランキング」より。

・お困りです課(兵庫県芦屋市)
・うみがめ課(福岡県福津市)
・富士山課(山梨県富士吉田市)
・たつせがある課(愛知県長久手市)

(出典:PR TIMES/ウェイブダッシュのプレスリリース「自治体のおもしろい課の名前ランキング」)

 

国際協力の日

1954年(昭和29年)10月6日、日本は途上国への技術協力のための「コロンボ・プラン」への加盟を閣議決定し、開発途上国への政府開発援助(ODA)を開始しました。

このことにちなみで、10月6日を「国際協力の日」と定め、国際協力への国民の理解と参加を呼びかけています。

(出典:外務省ホームページ「国際協力60周年について」)

 

どろソースの日

ソースやドレッシングなどの調味料や冷凍食品の製造を行うオリバーソース株式会社が、「ど(10)ろ(6) ソース」の語呂合わせから10月6日を「どろソースの日」に制定しました。

(補足)
ちなみに、11月7日は日本ソース工業会が制定した「ソースの日」があります。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の10月6日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年10月6日(水)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←10月5日 前の日次の日 10月7日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました