10月21日今日は何の日&今日の出来事/あかりの日!照明の意義や省エネについて改めて考えよう!

10月
今日は何の日10月

10月21日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「あかりの日」なる記念日がありました。これはエジソンが世界で初めて実用的な白熱電球を作った偉業をたたえて制定された日です。

照明の発達により、我々の生活が豊かになったので、照明のもつ意義をあらためて認識したいですね。

さてここでは、あかりの日を含む「10月21日といえば何の日か?」に関する事や、その年の10月21日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

10月21日は何の日?

←10月20日 前の日次の日 10月22日→

あかりの日

1879年(明治12年)10月21日、トーマス・エジソンが白熱電球を完成させたことにちなんで、日本電気協会や日本電球工業会など4団体が照明のもつ意義をあらためて認識する日として「あかりの日」を制定しました。

白熱電球はエジソンが完成させる前からあったそうですが、その点灯時間は40秒ほどだったそうです。その点灯時間を延ばし、実用化したがエジソンです。

なお、点灯時間を伸ばすために重要なのは、電球内部で光を放つフィラメントという素材。エジソンは6000種類の素材を試した末に行き着いたのが、京都産の竹の繊維を炭化させたものでした。

出典1:照明学会「あかりの日」2021年8月13日に利用

出典2:「あかりの日」委員会「エジソンと白熱電球」2021年8月13日に利用

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の10月21日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年10月21日(木)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←10月20日 前の日次の日 10月22日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました