10月31日今日は何の日&今日の出来事/ハロウィン!その起源はヨーロッパの先住民族ケルト人から!

10月
今日は何の日10月

10月31日といえば何の日を思い浮かべますか?

多くの方が「ハロウィン」を思い浮かべるのではないでしょうか?現在ではクリスマスやバレンタインデーと並んで、ハロウィンもすっかり定着したような気がします。

さてここでは、ハロウィンを含む「10月31日といえば何の日か?」に関する事や、その年の10月31日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

10月31日は何の日?

←10月30日 前の日次の日 11月1日→

ハロウィン

ハロウィンの起源はヨーロッパの先住民族であるケルト人の民俗行事で、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのあるものでした。

近年では、本来の意味合いはほとんどなくなりアメリカを中心に民間行事として定着し、世界各国で行われるようになりました。

なお、日本にハロウィンが伝わったのは1970年代のことだそうで、1980年代には東京で日本初のハロウィンパレードが行われました。

現在ではハロウィンは日本でも定着し、この日にはさまざまな仮装した人たちが街にあふれるようになりました。

 

ガスの記念日

1872年10月31日(旧暦9月29日)、横浜の馬車道にガス灯が点灯しました。この出来事を記念して、日本ガス協会が「ガスの記念日」を制定しました。

ガス灯は文明開化の象徴として急速に普及したそうです。

出典:日本ガス協会「ガスの記念日について」/2021年8月18日に利用

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の10月31日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年10月31日(日)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←10月30日 前の日次の日 11月1日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました