11月13日今日は何の日&今日の出来事/いいひざの日!関節痛には気をつけましょう

11月
今日は何の日11月

11月13日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「いいひざの日」なるものがありました。人によって寒さが増すと膝が痛くなると聞きます。関節痛が酷くなると生活に支障が出るで大事にしたいですよね。

さてここでは、いいひざの日を含む「11月13日といえば何の日か?」に関する事や、その年の11月13日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

11月13日は何の日?

←11月12日 前の日次の日 11月14日→

うるしの日

平安時代、惟喬親王が京都嵐山の法輪寺を参詣した際、「漆の製法」と「漆塗りの技法」が虚空蔵菩薩から伝えられたといわれています。

日付は参詣されたといわれる日にちなんで、 日本漆工協会が11月13日を「うるしの日」に制定しました。

出典:日本漆工協会「事業紹介/『うるしの日』」2021年8月28日に利用

 

茨城県民の日

1871年(明治4年)の旧暦11月13日、廃藩置県によって「茨城県」の名称が初めて使われたことを記念して、1968年(昭和43年)に茨城県が「茨城県民の日」を制定しました。

 

いいひざの日

冬の寒さが始まり膝が痛みだす時期であることと、「11(いい)13(ひざ)」の語呂合わせからゼリア新薬工業株式会社が「いいひざの日」を制定。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の11月13日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年11月13日(土)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←11月12日 前の日次の日 11月14日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました