11月14日今日は何の日&今日の出来事/ウーマンリブの日!男女平等社会が実現できますように…

11月
今日は何の日11月

11月14日といえば何の日を思い浮かべますか?

調べてみると、「ウーマンリブの日」と呼ばれる日がありました。ウーマンリブとは女性解放運動のことなのですが、今もなお男性優位なところが多くの場面で見られます。特にお年を召した方々が…。男女平等社会は実現できるのでしょうか?

さてここでは、ウーマンリブの日を含む「11月14日といえば何の日か?」に関する事や、その年の11月14日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

11月14日は何の日?

←11月13日 前の日次の日 11月15日→

世界糖尿病デー

食後に血糖値が上昇すると、それに反応して膵臓からインスリンが分泌され、血糖値は一定に保たれます。

このインスリンを発見したカナダ人医師のフレデリック・バンティングの誕生日に由来して、11月14日が「世界糖尿病デー」に制定されました。

この日を中心に糖尿病の予防や治療継続の重要性についての糖尿病啓発キャンペーンが行われます。

出典:世界糖尿病デー実行委員会「『世界糖尿病デー』について」2021年8月28日に利用

 

ウーマンリブの日

1970年(昭和45年)11月14日、東京・渋谷で女性解放運動を高めるためのウーマンリブの大会が日本で初めて開催されました。

この出来事にちなんで、11月14日が「ウーマンリブの日」と呼ばれるようになりました。

ウーマンリブとは、1960年代後半から1970年代前半にかけて、女性が社会的にも経済的にも同じ権利を持つことができるようにするために起きた女性解放運動のことです。

ウーマンリブは和製英語で、英語では「Women’s Liberation Movement(女性解放運動)」と言います。

なお、ウーマンリブは男女平等社会の推進に大きく貢献し、日本では男女雇用機会均等法の制定に大きな役割を果たしました。

出典:ウィキペディア「ウーマン・リブ」2021年8月28日に利用

 

埼玉県民の日

1871年(明治4年)11月14日、廃藩置県によって「埼玉県」が誕生したことを記念して「埼玉県民の日」が制定されました。

 

大分県民の日

1871年(明治4年)11月14日、廃藩置県によって「大分県」の名称が初めて使われたことに由来し、「大分県民の日」が制定されました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の11月14日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年11月14日(日)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←11月13日 前の日次の日 11月15日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました