11月15日今日は何の日&今日の出来事/七五三!男の子や女の子の成長を祝いましょう♪

11月
今日は何の日11月

11月15日といえば何の日を思い浮かべますか?

多くの方が「七五三」と答えるのではないでしょうか?子どもたちの成長を祝い、神社やお寺に参詣する日です。

昔は幼児の死亡率が高く、子どもが7歳を迎えるのはひとつの節目だったそうです。

さてここでは、七五三を含む「11月15日といえば何の日か?」に関する事や、その年の11月15日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

11月15日は何の日?

←11月14日 前の日次の日 11月16日→

七五三

七五三は女の子が3歳と7歳、男の子が5歳(3歳のところも)の時に成長を祝い、神社に参詣する行事です。江戸時代に入って、11月15日頃に行われるようになったそうです。

七五三は基本的に身内だけで祝うものなので、友人、知人の子供に祝いの品を贈る必要はないとされています。

千歳飴

七五三に欠かせない千歳飴は、長寿を願った長い棒状の飴。色は縁起の良い紅白のものが多いです。

江戸幕府の第2代将軍徳川秀忠の時代に浅草の飴売り商人が、「千年飴」という名で売り歩いたことが千歳飴の始まりとされています。

 

こんぶの日

「七五三」のお祝いに当たる11月15日に昆布を食べて、子どもたちに元気に育ってほしいという願いを込め、日本昆布協会が1982年(昭和57年)に「昆布の日」を制定しました。

出典:こんぶネット(日本昆布協会)「昆布の日」2021年8月29日に利用

 

かまぼこの日

平安時代の文献によると、1115年に行われた祝宴の膳でかまぼこが出されたという記述がありました。このことを記念して全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会が「かまぼこの日」を制定しました。

日付は1115年から11月15日にしたことと、七五三のお祝いの料理にかまぼこが出されたことから。

出典:小田原蒲鉾「かまぼこ歳時記」2021年8月29日に利用

 

生コンクリート記念日

1949年(昭和24年)11月15日、生コンクリートが初めて市場に出荷されたことを記念して、全国生コンクリート工業組合連合会が「生コンクリート記念日」を制定しました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の11月15日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年11月15日(月)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←11月14日 前の日次の日 11月16日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました