12月13日今日は何の日&今日の出来事/正月事始め!お正月の準備や大掃除をしましょう

12月
今日は何の日12月

12月13日は「正月事始め」の日です。この日を迎えるとお正月や大掃除の準備をしないといけないなという気になります。

さてここでは、正月事始めを含む「12月13日といえば何の日か?」に関する事や、その年の12月13日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

12月13日は何の日?

←12月12日 前の日次の日 12月14日→

正月事始め

新年を連れてくる神様・年神様を家にお迎えするためにする準備を「正月事始め」といいます。

昔、この日は門松に用いる松や雑煮を炊くための薪など、お正月に必要な木を山に採りに行く習慣がありました。

煤払い

正月事始めの日に、新しい年神様を迎えるために一年の汚れを清める習慣を「煤払すすはらい」といいます。

煤払いは現在もお寺や神社などで行われ、その様子がテレビのニュースでも取り上げられています。

大掃除の日

一年の汚れを清め、新年を迎えるために大掃除を呼びかける日として株式会社東和総合サービスが「大掃除の日」を制定。

日付は「正月事始め・煤払い」に由来します。

 

ビタミンの日

1910年(明治43年)、鈴木梅太郎博士が米ぬかの中から脚気かっけを予防する成分があることを発見しました。

鈴木博士はこの成分を「オリザニン」と名付け、12月13日に学会で発表しました。このオリザニンは世界初の発見でしたが、翌年にポーランドの化学者フンク博士が同じ成分を発見し、ビタミンB1として国際学会に発表。

国際学会への発表はフンク博士の方が早かったため、現在では「ビタミン」という名称が普及することに。

しかし、鈴木博士の功績を広く知ってもらい、ビタミンの知識の普及に貢献する情報発信活動を行っていくことを目的とし、ビタミンの日制定委員会(2009年解散)が「ビタミンの日」を制定しました。

出典:総務省統計局「なるほど統計学園/12月13日 ビタミンの日」2021年9月17日に利用

(補足)
脚気という病気は、ビタミンB1の不足によって起こり、症状は手足がしびれ、全身に倦怠感、食欲不振など。悪化すると死に至る病気でした。

明治時代に大流行し、大正時代には結核とならんで2大国民病といわれたそうです。

出典:農林水産省「脚気の発生」2021年9月17日に利用

 

「胃に胃散」の日

胃を酷使する忘年会シーズンの12月に、身体と特に胃を大切にしてほしいということから、株式会社太田胃散が「『胃に胃散』の日」を制定。

日付は「胃に(12)胃酸(13)」と読む語呂合わせから。

出典:太田胃散「胃に胃酸の日」2021年9月17日に利用

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の12月13日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年12月13日(月)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←12月12日 前の日次の日 12月14日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました