12月14日今日は何の日&今日の出来事/忠臣蔵の日!赤穂浪士47人が主君の仇討ちをした日

12月
今日は何の日12月

12月14日は「忠臣蔵の日」です。この日、無念の切腹をした亡き主君のため、赤穂浪士47人が吉良邸に討ち入りし、主君の仇討ちを果たしました。

最近ではそんなことないですけど、一昔前、年末になると忠臣蔵のテレビドラマが放送されるのが恒例だったような気がします。

さてここでは、忠臣蔵の日を含む「12月14日といえば何の日か?」に関する事や、その年の12月14日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

12月14日は何の日?

←12月13日 前の日次の日 12月15日→

南極の日

1911年(明治44年)12月14日、ノルウェーの探検家ロアール・アムンセンらが人類で初めて南極点に到達しました。この出来事に由来し、「南極の日」が定められました。

また、アムンセンは1926年(大正15年)には飛行船で北極点へ到達し、同行者のオスカー・ウィスチングと共に人類史上初めて北極点・南極点へ到達に成功した人物となりました。

 

忠臣蔵の日/討ち入りの日

1702年(元禄15年)12月14日、赤穂あこう浪士47人が吉良上野介邸に討ち入りする赤穂事件が起きた日です。

赤穂浪士たちの出身地である兵庫県赤穂市をはじめ、赤穂事件にゆかりのある場所では「義士祭」が行われます。

赤穂事件

討ち入りの前年、江戸城内の廊下で吉良上野介(きらこうずけのすけ)を斬りつけたとして、播磨赤穂藩藩主の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が切腹を命じられました。

亡き主君を失った家臣の大石内蔵助(おおいしくらのすけ)ら47人が吉良邸に討ち入りし、仇討ちを果たしました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の12月14日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年12月14日(火)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←12月13日 前の日次の日 12月15日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました