12月31日今日は何の日&今日の出来事/大晦日!紅白歌合戦や年越しそばを楽しもう♪

12月
今日は何の日12月

12月31日は大晦日です。1年最後の日はゆっくりと紅白歌合戦やお笑い番組を見て過ごしたいですね。そして、年越しそばを食べて新しい年を迎えましょう。

さてここでは、「12月31日といえば何の日か?」に関する事や、その年の12月31日の主な今日の出来事などをまとめました。

 

スポンサーリンク

12月31日は何の日?

←12月30日 前の日次の日 1月1日→

大晦日

それぞれの月の最後の日を「晦日」と言い、1年の最後の日を「大晦日」といいます。12月31日の大晦日から翌年の元日にかけて年越しの行事が行われます。

年越しそば

大晦日の夜に食べる蕎麦を「年越しそば」といい、江戸時代中期に広まった風習です。忙しい師走の暮に慌ててそばを食べる「三十日そば」が始まりとされます。

なお、年越しそば全国的になったのは昭和に入ってからで、「細く長く」と健康長寿を願う縁起物の食べ物となっています。

除夜の鐘

除夜の鐘は日をまたぎ、お寺で鐘が108回鳴らされます。108回の数字の由来は諸説ありますが、一般的に知れ渡っているのは人間の抱える煩悩が108種類あるとする仏教の教えに基づくものとされています。

本来は107回を12月31日について、最後の1回を年が明けてからつくものとされていますが、地域やお寺によってつき方に違いがあるそうです。

<108の煩悩について>
煩悩とは人間を悩ます、悪しき心のことをいいます。その“108”の煩悩についての数え方には諸説あります。

ひとつは、人間には6つの感覚の六根があり、それを感じる3つの状態、2つの程度があり、それが三世に渡るというもので、数字をかける(6×3×2×3)と108になります。

もうひとつは、「十二月」「二十四節気」「七十二候」を足す(12+24+72)と108になるという説です。

 

NHK紅白歌合戦

毎年、大晦日に放送されるNHK紅白歌合戦。紅組と白組に分かれて対抗形式で歌われる国民的番組です。

第1回は1951年(昭和26年)1月3日にラジオ放送で始まりました。1953年(昭和28年)からはテレビ放送も始まり、開催日も12月31日になりました。

 

※縁起の良い日についてはこちらの記事にまとめています
縁起の良い日・悪い日

 

今日の出来事

ここでは、その年の12月31日にあった主な出来事を一覧でご紹介します。

2021年12月31日(金)の主な出来事

後日、出来事を追記します。

 

←12月30日 前の日次の日 1月1日→
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました